12

アクティックギア・Tips3

ひさしぶりに第3弾!

------------------------------------------------
○肩幅を狭くする
------------------------------------------------
可動の関係から肩幅広めのAG。ちょっと印象が悪いのでより密着させようというTips。
道具は基本デザインナイフのみ。

・工程
ag_tips21.jpg

胴体背中のねじをはずして上半身をバラせば腕が抜ける。
露出した肩ジョイントの黒く塗った部分をデザインナイフで丁寧に切り取る&掘り込む(写真上中段)。
写真下段が加工後。これで軸を奥まで差し込めるようになる。

ag_tips22.jpg

腕にジョイントをつけたままでも作業できるものの、はずしたいという場合は写真のように細いもので肩の穴から押し出すと意外と楽にはずせる。
最近の再販モノは型ズレのせいで肩がちゃんと回らないものもあるので、一度はずしてバリや段差を削るのも手。
下段は有名な便利グッズ。安い精密マイナスドライバーを買ってきて先端を金やすりでゴリゴリすると極小ノミのできあがり。今回掘り込みで使用した。

ag_tips23.jpg

右側が加工前、左側が加工後。
軸が見えないほうが見栄えはいいんじゃないかな。締まった印象になるし。

最後に、実は加工後も接着しなければ肩は引き出すことが可能なので可動範囲が狭くなることはないのでご安心を。

0 Comments

Leave a comment