16

【C3AFATOKYO2019】1/144 ゼータプラス"A1/C1"MS/ゼータプラス"D"WR の紹介

分量が多くなりそうだったので、個別のページに編集し直しました。

「FRAMEOUT MODELS × F.M.S」で販売する、ゼータプラスMS/WRの紹介です!

・「FRAMEOUT MODELS × F.M.S」(卓番号: A-07,08)

・ゼータプラス "D" WR ReNEW!
1/144 140mm 12,000円
100パーツ前後
WR固定モデル
デジタリアン共通大判デカール2017付
塗装見本作成:kenken

ZplusD

前回好評で瞬殺となってしまいご迷惑をおかけしましたゼータプラス"D"WR。
いままでの型が終了したので、今回からRCベルグでの生産へと変更しましたのでリニューアル再販です。
基本的には変更ありませんが、一部ディテール追加などの修正が入っています。
なお、写真は去年までの商品の完成見本です。

ZplusD

ZplusD

ゼータプラスD

なお、一緒に販売する"ゼータプラス/MS"に付属する[A1/C1装備]を、このWRに装着するとA1/C1型WRにも出来ます。
MSには2装備入っているので、どちらかをこちらにも付けられるようにする、取付部を工夫して差し替えにして楽しむことも出来ますよ。

ゼータプラス

A1/C1型はD型よりも脚部の取り付け位置が後退しているのですが、そういった変更も付属パーツの交換で再現しています。

ゼータプラス

・ゼータプラスA1/C1 ReNEW!
1/144 140mm 17,000円
150パーツ超
各関節可動
A1/C1パーツを同梱したコンパチ仕様
デジタリアン共通大判デカール2016付

ゼータプラスMSもRCベルグ生産にてリニューアル再販となりますが、再販にあたっていくらか修正を加えたVer.Up仕様です!

ゼータプラスMS

今回の再販で大きな変更点は2点。
1点は変形ギミックをオミットしました。これは、MSとWRの両方を発売するので、無理にこちらで変形を賄う必要がなくなったためです。
従来付属していたA1/C1用WRパーツはWRの方に同梱しましたので、A1/C1装備をWRの方に流用すれば、各WRモードが再現可能です。

ゼータプラスMS

もう1点はプロポーションの変更。
MSモード固定としたので、無理に変形に合わせる必要がなくなったので一部パーツの形状見直しと合わせてプロポーションも調整しました。

首や肩周りの位置関係の調整、肩形状を作例や変形画稿に近い横長形状に修正、太ももを太めに修正など、より設定画(特に自分の好きな変形画稿)寄りの修正を加えました。

ゼータプラスMS

後ろ姿には大きな変更はありません。組み換え変形はオミットしましたが、可動構造は変わっていませんので、全身可動モデルとなっています。

実はゼータプラスMSの再販には実は他にも理由があるのですが、それはおいおい…

ゼータプラスMS

また脚部ノズルの内部にディテールを追加しました。

以上、ゼータプラス WR/MS 両アイテムの紹介でした。
「C3AFATOKYO 2019」にて販売しますので、よろしくお願いします。

0 Comments

Leave a comment