18

【C3AFATOKYO2018】1/144 Gコアブースター[extended]前編

C3AFA TOKYO 2018 のC3AFAマーケットプラスの新作、デジタリアンブースにて販売する

Gコア・ブースター [extended]

Gコア・ブースター

です!

塗装済み完成見本はとびぶたさん( @tobinyan )にお願いしておりますが、紹介がてら自分でも組んでみました。

Gコア・ブースターExtendedは個人としては2度目、モデルグラフィックス誌2018年07月号掲載の1/100ミキシングビルドモデルが最初となりますが、実は2年前にイベント原型として製作していたこちらのほうが先行していました。
どちらかといえばその経験があったのですんなりとExtendedが作例に決まったというのもありますが…

今回の商品化にあたっては過去の原型に作例の内容も反映した最新版ということになります。

さて、では組み立てがてら説明していこうと思います。

Gコア・ブースター
まずはブースター部分。
最新ブースターといえばハミングバードのものもありますが、Sガンダム準拠で製作しました。最新設定としてはもう少し平べったいほうが正しいのですが、コアブースターとしての見栄えや設定を考慮してボリューム感のある形状にしています。
ブースター中央で割るとパーツは増えてしまいますが、ギザギザが噛み合う部分を構造として楽しみたかったので。中折れも小改造でできますしね(?

Gコア・ブースター
大きさですが、1まわり半ぐらい大きめというか長めに作っています。前述の理由もそうですが、実はSガンダム[Bst]に合わせたときにちょうど良さそうな大きさにしています。4つあれば…いやいや。
見ればExtendedでは使わない先端パーツも…

Gコア・ブースター
ここも、せっかくなのでプラキットでは出ていない連射装備仕様のスマートガンを同梱しました。
写真上のHGUCキットのパーツは少し小さめに感じていたので、旧キットのイメージで長めに作っています。

完成後もスマートガンは取り外し可能な構造です。グリップも2種類付属していますのでお好きにお使いください。

Gコア・ブースター
先端の装甲板は成型を考慮しつつエッジが薄くなるように設計。5つ穴の中が見えるのがステキ。
上部の2つ穴には、金属線を入れて固定部を再現してください。

Gコア・ブースター
Gコア部分は、現在別売しているGコア単体を同梱する予定で設計していましたが、単体キットが足りなくなったので専用に再設計、バリエーション変更がないので分割が変わっています。

Gコアブースター
パーツ点数も減っていますが、エアブレーキは残しました。ここではコクピット内を見せる為付けていませんがクリアレジン成型のキャノピーも付属。

Gコア・ブースター
Gコアは、エッジやディテールをシャープに、またコクピットがちゃんと1/144スケールに見えるサイズ感で再現。
架空機が現実の航空機と収まりよく並ぶのって、自分の好みではありますがワクワクするんですよね。
その点どうしてもプラモ付属のファイターは小さくなりがちなので、Sガンダムの胴内に収まりつつもコクピットが小さくならないギリギリのサイズをとっています。

Gコア・ブースター

Gコア・ブースター
左のレドームは形状こそEx-Sガンダムのものと同形状で大きさが違うという解釈に。
なお、支持フレームの形状は1/100作例のものとは違っていたり。

長くなりそうなので今回はいったんここまでとします。
次回はExtendedたらしめるパーツ群と組み立て完了まで説明していこうと思います。

Gコア・ブースター
3つのーメカがひとつになーあってー

それでは。

0 Comments

Leave a comment