21

【キャラホビ】1/100 ゼータプラス(一部新規再販)詳報2

昨日の変形部分紹介についで、今日は商品仕様について紹介します。

ゼータプラス再販

○会期:2015年8月22日(土)・8月23日(日)
 【キャラホビマーケットは8月23日のみ実施】
○会場:幕張メッセ 国際展示場
○時間:10:00~17:00(予定)

・digitarian/デジタリアン(卓番号:A-01,02)

ゼータプラス
1/100 200mm \30,000
デカール付属

基本的には昨年のD型仕様ですが、本体に一部改修が入っています。

ゼータプラスVup ゼータプラスVup

グローブ可動 グローブ可動

レジン部分が再設計したパーツ。その中でもグローブ部は厚み、サイズを増しグローブベーンを可動式にしました。
WR時に引き込む際の変形方法も前回のスライド式から可動フレームを追加したクランク式に変更、確実性が増しています。

ゼータプラス変形
昨日上げたのとは逆方向(MS→WR)の変形動画でも。

以下はバリエーションパーツの紹介。

ゼータプラスバリエ
頭部は新設計のA2型頭部と、A型系のフンドシ、A/C型の腰ビームカノン側面ディテール(パイプが付くタイプ)。

ゼータプラスバリエ

ゼータプラスバリエ ゼータプラスバリエ
テールスタビライザーも既存のD型とA/C型の3タイプから選べる仕様。

ゼータプラスバリエ
そしてA1もしくは変形画稿版のサブユニットをも付属しました。
形状はMGOCK版と変形画稿版の折衷で、それらの形に近く、なおかつきちんと変形させられる形状となっています。
下部スリットは、やはりインテークがあって出る部分が無いのが気になったので、ココに配置しました。クーリングユニットとも、STOL機能の補助エンジンとも解釈してもらえれば。

ゼータプラスバリエ
WRで装着したところ。D型と比べて大分スッキリした印象。

さらには、作例各所に貼られている各種ロゴマーク、定番の機番やテールレターのRNPB/C、D型のアルファベット+数字などを、今回はデカール業者に発注したものを付属します。

昨年より若干値段がアップしましたが、それ以上のバリューだと思います。
気に入っていただけましたら、ぜひキャラホビ・デジタリアンブースにお越しください。

0 Comments

Leave a comment