18

【キャラホビ】1/100 ゼータプラス可変詳報その2

明日一個目の型とファーストショットが届くので、今日ものんびり気味のKuWaです。
これからの全開ディに備えるしかないよね~。とりあえず箱説準備しつつ、このタイミングで発覚した趣味HDDの不良セクタをじわじわ直してます(進行形

さて紹介するのは8/24のキャラホビの"E-18"digitarian(デジタリアン)ブースにて販売する1/100可変ゼータプラス
予価\30,000以内、3D設計&光造形出力を駆使したフル可動&ほぼ完全変形、パーツ数195のMGクラスボリュームキットです。

今回はお待ちかね?の脚の説明。

・脚
ゼータプラス

R0036405_2.jpg

R0036391_20140816160328962.jpg

GHL作例時もCAD製作だっただけど、今回はほぼ造り直し、D型のディテールを拾いつつも形状的にはちょっとノーマルに寄せた(特にスネ内側)。今回は膝裏のパイプも大きく入ってるよ。
足首は相変わらずゼータプラスよりはSガンダムに近いバランスで、リファインEx-Sイラストや別冊変形画稿、D型イラストの形状を参考に製作。相変わらず旧設定通りの閉じ方で。

腕もそうだけど、スネ前後面を別パーツにするなど、露骨な合わせ目が出ないように。
なおふくらはぎのところはもう一枚インテークフィンが入る。

ゼータプラス
さて変形後の脚の写真も。

GHL作例ではスライドして太ももを押し込んでいたんだけど、今回は動作の確実な方式に変形方法も変更した(新設計の所以)。とくに前回心残りのひとつだった

「変形後も膝裏のパイプが見えている」

構造を再現!
太ももの上にパイプが載る(腰フレームに接続する)形になってるけど、変形に合わせてエネルギーチューブが膝裏から腰ガン直結に移動、というマクロスちっくな設定で納得していただければ(笑

こちらも変形動画を上げたので、見ていただければ一目瞭然かと。


組立や可動、変形に関してはやってて「キモチイイ」カンジを目指して入れてるんで、ぜひきちんと組み立てて可動させてもらえれば。

次回は胴体!そちらもよろしく~

0 Comments

Leave a comment