15

【トランスフォーマー】サイドアームサイドスワイプ改造編

いよいよ本格的にWF向けイベント原型製作に突入。残された時間はあと22日、22日しかないのだ!(ヤマト帰り
今回はドキッ!新作だらけの(略)といきたいので、気合いも十分、不安も十二分で突き進む所存…まずは版権降りるといいなぁ…

さて、約束通りサイドアームサイドスワイプのリペイント編。今回は改造と塗装までをご紹介。

サイドアームサイドスワイプ
気になるのは、しっかりシルバー塗装されているけどパーティングラインや合わせ目で外観を損ねているボディ周りと、ロボット時に目立つフトモモ。
ネジで分解できるところはしてバラスバラス。ピン打ちしてるところは今回は分解を諦めたけど、まぁなんとかなる。

サイドアームサイドスワイプ
こんなカンジでパーティングラインはヤスリがけで、合わせ目はシアノンを盛りつけて修正した。
このルーフ部の合わせ目が一番オシイんだよね。

サイドアームサイドスワイプ
ウェーブのソフトヤスリスティックの400番で処理した後、600番ぐらいの耐水ペーパーで面を整える。このあとサフを吹くのでそれで十分。

サイドアームサイドスワイプ サイドアームサイドスワイプ
ガイアのEXサーフェーサーを吹き、キズがないかを確認したら(あったら多少目の細かいヤスリで処理)、ウィンドウをマスキングしてグロスブラック。
さらにうえからAMCスーパーミラーIIを吹いてシルバー表現。ガンメタ部分は黒とスーパーミラーIIを混ぜたり、黒の上に薄吹きしたりして表現を変える。
スーパーミラーIIは吹きっぱなしだとこすったら落ちてしまうので、最後にクレオスのスーパークリアーIIIでクリアーコート。クリアーコートで輝度が落ちないのがこの塗料の魅力よね。

ちなみにメカ部の各色塗り分けはほとんどマスキングせず、エアブラシの吹き加減や角度をうまく付けて吹くことで対処。
どうせ全部シルバーベースなので、少々のはみ出しは分からないしリタッチも容易だからー。

サイドアームサイドスワイプ
そしてついでに気になっていた膝の可動域拡大もちょいちょいと。
腿と膝を繋ぐサスペンション風バーの引き出しが弱いのが主な原因なので、より引き出せるように加工した。

サイドアームサイドスワイプ
股間と脚を繋ぐシリンダーも、下段の付け根を少し加工すると多少大きく足を開ける。引っ張りすぎて切れる心配も減るよ。

さて、次はいよいよ完成~。

0 Comments

Leave a comment