15

1/220 S2Gの立体変型解説その2

トランスフォーマートイ熱があまり冷めなくて困ってる。というかこじらせて大物アイテムまで手を広げてしまい、お金と置き場所が…でも大きさや音声や発光の魅力には気づき始めたので、きっと作例に生かせる!、はず?

さてKuWa謹製S2Gの立体解剖説明第2弾。
今回は付属物を中心に…え、だって胴体はひっぱるだろネタ的に(オイ

S2G解剖 S2G解剖
まずは機首兼ビームライフル。左がMSモードで右がWRモード。
WRモードには雰囲気が分かりやすいように背中と胸をセットしているけど、このようにスペース的にグリップから後部はビームライフル内に収納されてしまう想定。ライフル下のセンサー?グレネード?もWR時には収納されることになる。
ともに1/220では差し替え再現。

S2G解剖 S2G解剖
背中の巨大なツインブースターは、MS/WRでノズルの向きが変わる。
ノズルの形状まで変わるのは、形態や環境(大気中/宇宙)でノズルの絞り方を変えるのだろう…模型じゃ再現不能だな(笑

S2G解剖 S2G解剖
Gコア。
好みで主翼のみ引っ込めてるけど、カナード?も引っ込めてもイイかもね。
機首は先端のみ畳んで(Vガンダムのコアファイター風)ケツにインサートかなーと思ってるけど、初代風にコクピットがスライドして縮んでもいいかも。

MSモードの腰スカートのシルエットからこの変型にしているけど、いくら短いとは言え主翼やカナードが胴体内に引き込めるとも思えないのと、胴体上部の意味ありげなバルジから、このバルジがヒンジになってグローブごと折りたたまれるのでは~とも考えたんだよね。

ちなみに昨年の完成時点で上部バルジはなかった…というのが秘めたる未完成部分。…じつはバルジを上下付け間違えて複製してしまったというのは内緒。

S2G解剖
主翼。根本の一部が主翼に被さることで思いの外大きく面積を減らすことに成功しているね。
ここももちろん1/220で再現不可。というか1/100でも厳しい気が…

つぅわけで第2弾いかがでしたでしょうか。パーツ単位で見ると気付くこともいろいろあるのでは。



2 Comments

あば  

No title

こんばんわ。

その1の更新を見落としてて今一緒に見ました。
もう、情報量がすごすぎて、クラクラ来ます。
私的にはセンチネルの連載が再開されたような気分で読ませていただきました。

2012/03/15 (Thu) 23:48 | EDIT | REPLY |   

KuWa  

Re: No title

>あばさん
どうもー。褒め言葉ですね、ありがとうございます。

今見ると当たり前のようにヘンケイして収まってるカンジになってますが、どのパーツもこのサイズ、この形状になるまでにずいぶんと時間をかけてたように思います。
イラスト→独自変形画稿→1/220立体化の流れでどのような取捨選択が行われたかがなんとなく伝わるとイイナァ、という気分で記事化してますが、なにぶん説明できてない部分も多いので、分からないことがあれば聞いてくださいね~。

2012/03/16 (Fri) 16:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた【FRAME OUT model
  • トランスフォーマートイ熱があまり冷めなくて困ってる。というかこじらせて大物アイテムまで手を広げてしまい、お金と置き場所が…でも大きさや音声や発光の魅力には気づき始めたので、きっと作例に生かせる!、はず?さてKuWa謹製S2Gの立体解剖説明第2弾。今回は付属物?...
  • 2012.03.23 (Fri) 16:58 | まとめwoネタ速suru