18

アクティックギア・Tips2

第2弾!

------------------------------------------------
○手首の穴埋め
------------------------------------------------
初期モデルゆえにビス穴などの不要な穴が目立つスコープドッグ。特に手首付近の穴は前から見えるだけに気になる。というわけで手軽に埋めてみようというTips。
モデルはやっとAMAZONから届いたマーシィドッグ。マーシィってデザイン的にかっこいい印象がなかったんだけどギミックも凝っててイイね。

・道具
1.カッターorデザインナイフorニッパー
2.先の細いペンチ
3.ノギス(最近導入したけどメチャベンリだね)

・工程
ag_tips02.jpg

1.付属のランナーから一番大きなタグ(ここではAのタグ)を切り取る。
2.手首の穴の幅に合わせて切り取り、ちょっときつめ(ホントにちょっとぐらい)に入るようにすり合わせ。
 ・幅:穴は1.27mm程度なので1.3mm弱。
3.うまく入るようになったら、今度は長さを合わせて切り出しはめ込む。
 両端は軽く斜めにカットしておくとはめ込みやすい。
 また手で入れるのは困難なのでラジオペンチなどで慎重に。
 ・長さ:こちらも3.07mm程度なので3.1mm弱。

ag_tips03.jpg

というわけで、うまくいけば接着剤も使わずにセット可能。奥に入りすぎてしまった場合は手首をはずして裏から針で突くと戻る。
多少ゆるくてもここは手が触れる場所でもないので、一度セット出来たららあとは問題ない。

・おまけ
ag_tips04.jpg

手首のはずし方。
この状態で上に親指、下に人差し指を添え、人差し指を軸にてこの原理で引き抜くと抜きやすい。
引き抜いた後は軽くボールジョイントのバリとかをヤスっておくと次から楽、つうか元が硬すぎ。

というわけで以上。

0 Comments

Leave a comment