05

VOLKS 1/144 ガンダムMk-Ⅴ製作中2

さて集中連載「VOLKS1/144ガンダムMk-Ⅴを作る」も第二回、今回は

「サフを吹く」

です(地味だよ

その前に前回のおさらい。
G-V G-V
ゲート処理と目立つウェルド(型ズレによる段差)を処理し、1.2mm金属線を使いながら軸打ちして立たせたMk-Ⅴ。
結構ダボがしっかりしているので組付けはやりやすかった。
この状態だと「かなりカッコイイんじゃないの?」という気がしてくるのだが…

G-V G-V
説明書には一切記載がないものの、バックパックを移動して脇の下からサーベル兼ビームカノンを出す仕様とか、巨大なシールドを背部に取り付ける仕様にも出来るように作られている。
良く出来てるなぁ。

さて、これをサフ吹きすると…
ハイ、出ました。

G-V
G-V

一回サフを乗せたら、案の定処理漏れのパーティングラインが出てきたので、しっかり処理してサフ吹き直してもう一度立たせたところ。
ようやくはっきり見えるようになったね。ディテールや面構成は結構しっかりしているというか、わりと平面的な作り。

さて、なんか変な体型だな。

G-V
正面からみると…

顔がデカイ、肩幅が広い、胴体が短い?、脚も短そう?
うむむ。

G-V
HGUC-Sガンダムと改めて。
実はS、脚を4mm伸ばした状態で頭頂高150mm。設定通りの高さになっている。
Mk-Ⅴは設定で1mほどの差なので、8mmほど高い必要があるのだが、そうは見えないねぇ。
また並べるに当たって体型が違いすぎるのも気になる気になる。

いきなり塗って終了のつもりだったけど、これはイジるしかないかな?






PS.作って見ての感想だけど、これたぶんデジタル原型多用してるな。
 いや、良い悪いの話ではなくてね、ミンナどんどんさりげなくデジタルになっていくのかなぁと危機感が(笑

2 Comments

河野  

No title

原型のデジタル化は出力業者が身近に割と低価格なので
浸透するのは時間の問題なのでしょうね。

商品用原型としては質の良い物が手に入るので良い流れ
かもしれません。しかし「作品」として捉えた場合自分的
にはちと複雑な思いです。

では!

2010/09/06 (Mon) 12:25 | EDIT | REPLY |   

KuWa  

Re: No title

>河野さん
どうもー。
時間の問題というか、実はもう普及しているのでは、というカンジですねぇ。

オレ的には、CADだろうが光造形だろうが形出しをするのは造る人なので、作品には違いないと思います。
特にハイブリッドは機械造形に手のクオリティを合わせる必要もあるので、決してラクではないと思いますし(笑

そういう意味でMk-Vは精度は高いけど仕上がりはちょっと落ちる、みたいなカンジが…

2010/09/06 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment